ABOUT

高崎美スタイルマラソンについて

高崎美スタイルマラソンとは

 2012年、「子宮頸がん予防啓発」をコンセプトにNPO法人ラサーナが企画、高崎市陸上競技協会の協力を得てスタートし、ランナーや応援者に走る楽しさとともに、検診の大切さや健康啓発を呼びかけてきました。
 今年は前回大会に引き続き高崎市共催で市街地を走るまちなかラン。より多くの参加者と高崎の人々とともにメッセージを伝えたいと考えています。マラソン後にメイン会場のもてなし広場で行われるステージトークショーは、 ゲストの等身大コメントを聞くことができ、健康を考えるよい機会でもあります。会場内の子宮頸がん検診バスでは女性医師が検診を担当。ワンコインで受けられる検診は応援者も受けることができ、その気軽さは例年、未経験の方にも好評です。 メインカラーのオレンジ色は健康な女性をイメージしており、会場を、そしてマラソンコースを華やかに染めてくれます。
 どうぞ会場に足をお運びください。そして大きな声援を!

レポート


高崎美スタイルマラソン記念すべき第一回目の開催です!ランナー300名に、ボランティア250名が参加。全国の著名な子宮頸がん予防啓発団体の後援をはじめ、がんサバイバーによるミニトークショーなどを実施し、検診率の低い世代の女性を集めた予防啓発活動として開催されました。当日の模様はNHKで放送され、さらに参加していただいた皆さまの協力もあり、初めての大会にして予防啓発に大きく貢献できた大会となりました。

第二回大会は、あいにくの雨模様の中での開催となりましたが、それでも前年の大会を上回る400名のランナーが参加!着実に実行委員会、運営スタッフの想いが届いていってると実感。当日はマラソンの他にも、子宮頸がんを経験されたタレントの原千晶さん、シンガーソングライターの松田陽子さんに体験談などを語っていただき、検診の大事さを再確認。子宮頚がん検診車の当日予約も午前中でいっぱいになるなど、たくさんの方々が予防行動を起こしてくださり、とても意義のある一日にすることができました!

年々成長をみせる大会、三回目の開催となった今回は、第一回大会の参加数の倍、600人のランナーが集まりました!雲一つない晴天と自然の中で、多くのランナーが気持ちのよい汗を流していました。ヨガ体験や、今大会のゲスト歌手のEmiiさんのステージライブ、道端カレンさん、難波美千代さんのトークライブなどもあり、マラソン後もランナーの皆さんに楽しんでいただけるコンテンツが豊富でした。子宮頚がん検診車もスタンバイし、毎年この大会で検診を受けているなんて方も多数いらっしゃり、子宮頸がんの啓発活動が年々しっかり広がりをみせています!

「高崎のマラソン大会」、「子宮頸がん予防啓発のマラソン大会」として定着してきた高崎美スタイルマラソン。4回目の開催となった今回は晴天の中、会場である観音山ファミリーパークに600人のランナーが集まりました。走った後はオリンピック選手の室伏由佳さんを始め豪華なメンバーによるトークショーやブースでゆったりとした時間を過ごしました。また、今回から高崎の人々で組織する「おもてなし部」が群馬名物だるまや手ぬぐいでおもてなし。より多くの人々が関わりあいながら子宮頸がんの予防啓発を考える大切な一日になりました。

Partner